ボディセンスの効果的な使い方

 

ボディセンス

このページでは、香水のボディセンスの効果手な使い方についてご紹介します。
練り香水は普通の香水と比較して肌に優しくてのんびりとした香りが持続します!
このページでご紹介する練り香水はボディセンスという
商品名なのですけどその使い方などについてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

ボディセンスの基本的な使い方

 

練り香水ボディセンスの使い方は公式ページでも説明されているのですが、
塗りすぎてしまうと香水の匂いがきつくなってしまうので
あまりに言い過ぎないようにしてください。
このような感じです↓

 

 

 

 

 

 

ボディセンス

 

 

ボディセンスは塗る場所で効果がかなり違う!

 

ここでは「ボディセンスの使い方、塗る場所でずいぶん違う!」
といったテーマでお送りしていこうと思います。

 

徐々に人気急拡大中のフェロモン香水の『ボディセンス』
しかし・・・
使い方や付け方、塗り付ける場所が今ひとつ謎。
というわけでここでは、そんなボディセンス香水の効果的な使い方を
アドバイスしていきたいと思います。

 

まずは取説を確認してみた

 

ボディセンスを購入したら、下記のような取扱い説明書が同封されてくるのですが、
そこに『塗り付ける場所』についての表記があった。

 

ボディセンスの使い方を徹底解説!

 

取説書によりますと、こういう事が記載されています。

  • 手首
  • 首筋
  • 耳の後ろ
  • 腕の内側
  • 足首の内側

元来香水は基本的には体温の高い所に塗り付けるといいというのが一般的です。
フェロモン香水も一緒で、体温の高い所に塗りこむ事で、
一層男性ホルモンを加速させる効果が発揮するんですね。

 

 

手首

 

フェロモン香水を『手首』に塗りつけるのは合っています。
実際にボディセンスの説明書にも書いていますしね。

 

ただし・・・
手首は服としょっちゅう擦れ合う所になってしまうため、
フェロモン香水の効き目を最大限に出せないと言われているんですね。
フェロモン香水は、本来は男性ホルモンのテストステロンを促すのが役目なんです。
服が擦れてしまっては、重要なフェロモン香水が
意味のないものになってしまうため、気をつけて下さい。

 

首筋

 

『首筋』は太い血管が通っているという事もあって、
ボディセンスを塗りつけるのにはぴったりの場所になります。
ボディセンスの香水を使用している男性の方だったら、
適正量で良いから、首筋に塗りつける事で効率よく男性ホルモンを分泌させる事が可能です。

 

耳の後ろ

 

『耳の後ろ』部分は大きな脈が通っていますし、
男性ホルモンが分泌されるスポットとしても知られています。
言うまでもなく、そこの所にフェロモン香水を付けると、
男性ホルモンがすごい勢いで促されます。

 

女性はホルモンの強さで男性を取捨選択する傾向が見られますので、
これまで以上にパワフルなホルモンを出すには、
耳の後ろ部分に付けるのは不可欠なので、覚えておいた方が良いです。

 

腕の内側

 

『腕の内側』も体温が上がっています。
加えて、腕の内側にボディセンスを擦りこむ事で、香りが優しくなるため、
女の人にとっても心地よい匂いといった認識がアップしますので、
あなた自身へのイメージアップに繋がります。

 

足首の内側

 

『足の内側』部分も同じ様に、
体温が上がっていますのでボディセンスを塗りこむのには、
ピッタリの部位だと言えます。
ボディセンスの香水を使用している男性の方だったら、
きっちりと塗り込んで欲しいスポットですね。

 

 

 

 

ボディセンス

 

 

管理人オススメのボディセンスを付ける場所

 

フェロモン香水を効果的に使う為に、
しっかりと付けた方が良い場所を紹介していこうと思います。

 

これというのは、私がボディセンスではなく、市販で売られている香水を使っていた時に、
数多くの女の人から『めっちゃくちゃ良い匂いするよね』とチヤホヤされた場所でもあります。

 

その場所とは『腰』なのです。
実を言うと匂いと言うのは下から上に上がっていくのです。
すなわち、上半身より下に付ける事で、ほのかな香りが、自分自身をまとっていきます。
それは、フェロモン香水も同様の事が言い切れます。

 

私が利用しているフェロモン香水『ボディセンス』は、
男性ホルモンのテストステロンを促す効き目がある香水なんです。
テストステロンを促す事で、女の人を本能レベルで口説き落とす事が可能になる香水なのです。

 

ですので、匂いで女の人をメロメロにするのではなく、
あなたが放出したホルモンで女の人をメロメロにさせる事が可能だという事。
この事から、ちょうど腰に付ける事によって、
男性ホルモンを良いバランスで放出する事が可能なのです。
香水を腰に付けるのは、すごくオススメです。とにかくお試し下さい。

 

 

 

 

付けてはイケナイ場所は?

 

そもそもボディセンスを付けてはイケナイ場所というのはあるでしょうか?
答えから言いますと『ありません。』
男性ホルモンは体全体から放出されています。
ですので、ぬり込んではイケナイ場所はないのですが、
手間ひまかけて付けるなら、効果的に付けたいですよね。
効率的につけたいなら、先にお教えした場所にきちんと塗って付けて頂きたいと思います。

 

 

ボディセンスを使う頻度は?

 

『そもそも使用する頻度はどれ位?』
といった疑問を感じた男性の方も多いと思います。

 

ボディセンスの説明書によれば『1日2回ほど』という事です。
ちなみに分量はこのぐらいでO.Kです。

 

ボディセンスの使い方を徹底解説!

 

 

重要なことは『キッチリと塗り付ける事』。

 

ボディセンスはスプレータイプの香水じゃありません。
それだけに、持続性はありますが、キッチリと塗り込まないと
男性ホルモンのテストステロンを効率良く放出できないので、気をつけたい所です。

 

 

 

 

ボディセンス

 

 

ボディセンスを付けるタイミング

 

ボディセンスは市販で売られている香水と少し製造工程が異なりますので、
塗りつけるタイミングが異なるケースがあります。

 

しかし、それほど気にする必要はなく『何時のタイミングでもO.K』というのが答え。
ちなみに私のケースは、つけてから2〜3時間ほどで
男性ホルモンがジャンジャン放出されていくので、そのタイミングに付けてもOKです。

 

 

まとめ

ボディセンスを塗りつけるスポット

  • 手首
  • 首筋
  • 耳の後ろ
  • 腕の内側
  • 足首の内側

ボディセンスを使う頻度

1日2回ぐらい

ボディセンスを使うタイミング

2、3時間後に効果が出始める

 

せっかくボディセンスを購入したのに、どう使っていいか分からない男の人は多いです。
どうぞ、このページを参考にフェロモン香水を効率良く使用して、女の人にモテまくりましょう!

 

 

 

 

ボディセンス